自責癖

「私は寂しいから創作のまね事してるだけじゃないのか」
と悟った感じになったのは去年の事。

いやそれでも、と、今まで怖くて参加した事の無い「コンクール」に参加して、レベルの高さにハートフルボッコになったのがつい最近。

で、追い撃ちかけられるみたいに見てしまって精神的にキたのがこの土日。

http://p.tl/i/16763692

ただ、私が昔と変わったなあと自分で感じたのは、
「何のために生まれてきたの?」
って問い掛けに、私なりの屁理屈が浮かぶ点。屁理屈だけはうまくなった。

私は昔も今も相変わらず、役立たずのいらん事しいの甘ったれの脳足りんの卑怯で卑劣で、人に何かするのを面倒がるくせに人に構ってもらえないといじける自己中うじ虫で嫌われるのが当たり前な、死んだ方がましな奴でしかない。
少なくとも私の中ではこれが真実で現実。
ただ、まだ此処に留まっていたい、離れたくないって思う位に、素敵で心惹かれるものがある。
私がまだ生きてるのは、そんな我が儘故です。で、それを幸い許して貰えている。運だけは強いからね。
そんな素敵なものにショック受けたりもしばしばあるんですが(笑)

上の漫画が言いたい事をひっぺがして、字面だけを抜き取れば、
「何のためって一言で言えるほど人間社会単純じゃねー事くらい今の私にだって分かるわいバカヤロー」
って喧嘩を売れるかもしれない。いや、相手によっては売れないかもしれない。私は卑怯だから、怖いと思ったらだんまりになってしまって、言い訳を考え始めるのだ。踏み潰されればいいのに。

でも生かして貰っている以上は、出来るだけこんな嫌な醜いブツを掃除して、可能なら
「醜いブツでも、ここまでならなんとかなったよ」
って示してから消えたいなあって思います。
このまま消えるには、色々貰いすぎてるなあと感じる。

貰ったものが多すぎて、なおかつ燃費が悪いから、消えるまでにどれだけ何を出来るのか分からんし、持ち前のいらん事しいで不必要でもっと汚らわしいものを残してしまうかもしれないなあと思う。改めて考えると怖い。